Xiaomi Mi5に利用できるLTEバンドを追加する

昨日のエントリがなぜか好評なようでせっかくなので手順をエントリとして書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

Mi5に利用可能なLTEバンドを追加する

前エントリの通りMi5は実はRFNVにデフォルトのLTEバンド以外の情報をもっているようで、デフォルト(太字)のLTEバンド以外でも下記バンド(赤字)が追加で利用できるようです。

LTE B1 2 3 4 5 7 8 11 17 18 26 28 38 39 40 41

設定はDFS CDMA toolで実施します。Setup DFS Evolution 16.12.24.0.zipをダウンロードしてインストールしておきましょう。また環境によってはADBが必要になる(cm13系のカスタムROMの場合)ので入れておくと良いです。こちらの様なソフトをインストールし解凍したディレクトリへ移動しadbコマンドを実行します。MIUIの場合は必要ありません。

今回は前回の課題であったmiui8系でwcdmaバンド6がつかめないのか?も併せて確認していきます。実施に当たってはecrmodを利用させてもらいました。(global8ベース)作業はWin10proのTESTモードで実施しています。

DIAGモードでPCへ接続

ダイヤルアプリを起動し*#*#717717#*#*を打ちDiag USB portをenableにします。enableの端末を接続するとドライバがインストールされていないPCは、不明なデバイスがデバイスマネージャから確認できるのでドライバをインストール(XDA)してください。

認識されると以下の画像のようにデバイスを認識します。

 

Qualcomm HS-USB Diagnostics 90ADが認識できていれば問題ありません。

DFS CDMA toolでWCDMA band6を追加する

それではまずプラスエリア化です。先の検証ではGlobal DevROMで全く接続ができませんでしたが、EFSを初期化した端末で再度設定をしていきます。DFS CDMA toolのQualcomm tool.exeを起動します。DIAGモードの端末を認識していれば赤枠のポートがオープンしているのが確認できるので、Wクリックで接続します。

次にSPCチェックマークをクリックします。

Bandタブを選択し、”Band Preferred”と”RF BC Config”をそれぞれ選択した後に”Read”をクリックします。

”Band Preferred”と”RF BC Config”でそれぞれにWCDMA Ⅵ(800 MHz)JPNを追加します。1700は別に必要ありません。そして最後に”Write”をクリック、demoバージョンでは60秒の待機後に書き込みが可能なのでしばし待って最後の確認画面でokを押せば完了です。

では早速検証。検証にはNetwork Signal Guruを使います。ちなみに*#*#4636#*#*からJAPAN BANDを選ぶ必要は全くありません。あれがBand Preferredの選択なので選んでしまうと逆に使えるバンドが減ります。理解してないブログエントリが多いので気を付けてください。ちなみにguruはroot権限が必要になるのでsupersuをTWRPから入れておく必要があります。起動後にスリードットからband locking→WCDMAから下記画面のようにB5B6のバンドのみ有効にします。

追記:Network Signal Guruの使いかたについて別エントリを書いてみました。興味がある方はごらんください。

お、できた。無事つかんでますねMIUI8系でもglobal devがダメなだけだったっぽいです。

DFS CDMA toolでLTEバンドを追加する

難しいことはありません。再びDIAGモードで端末を接続しCDMA toolから下記のようにLTEバンドを追加してあげましょう。SPCのチェックをクリックしたあとにLTEタブを選択して”LTE BC Config”、”LTE BC config DIV”をそれぞれ”Read”、”LTE BC Config”にのみ必要なバンドを選択し”Write”です。

こちらも日本で利用可能なバンドについてはNetwork Signal Guruで確認が可能です。バンク系のプラチナバンド8を確認してみます。スリードットからband locking→LTEで下記のようにバンドを限定します。当方はとりあえずテストでband8のみ追加しました。

はい、できた。完璧です。

という感じで以上になります。これでバンク系回線ではフルバンド利用できる盤石な体制が整います。最高。こすられまくって何が本当かわからない情報が多いので参考にしていただければ幸いです。ちなみにこちらのLTEバンド追加はMi Maxでも可能なようです。

1月のめっもんセール情報も併せてぜひ。Xiaomiのこんなもんまでアイテムをピックアップしています。クーポンつきで。

追記:本作業には一部誤りがあります。下記エントリをあわせて確認ください。

 

購入先とおすすめケース

以下の価格情報は古いです。最新の価格情報はサイドバー、モバイルの場合は投稿下部で確認ください。

くどいようですが購入先は為替の関係上GearBestが一番安く買えそうです。日本円で購入がお得なのでよければ是非。ケースはxiaomi純正の下記ケースがおすすめです。端末の落下保護には不十分かもしれませんがケースが薄くmi5の美しさを損ねません。

追記: 新しいクーポンが発行されました。 クーポン:  KIMOVILMI5 27408円→25467円 (レート更新後の価格に更新)

Xiaomi Mi5 black 128GB 46823円→45681円     クーポン: ROTHQ  

Xiaomi Mi Max gold 128GB 44715円→33575円    クーポン: MAXIT 

Xiaomi Mi5用純正ケース: http://s.click.aliexpress.com/e/Bi2f6yf

 

スポンサーリンク
45 Comments
  1. Reply
    kan 2017年1月11日 at 4:20 PM

    お世話になります とても参考になります
    少し困っていることがありまして
    LTEのバンド書き込みなんですが
    LTE BC CONFIGではきちんとREADしても 値は残っているのですが
    LTE BC CONFIG DIVのほうがいくら書き込みしても反映されないのです^^;
    READしても透明な感じになってしまって
    書き込みしてもだめなんですよね^^;

    • Reply
      gadgetfan 2017年1月11日 at 4:47 PM

      すみません。本文にLTE BC CONFIG側のみでいい旨かかれていませでした。申し訳ごさいません。急ぎ修正致します。

    • Reply
      gadgetfan 2017年1月11日 at 4:42 PM

      ご覧いただきまことにありがとうございます。
      モデルはMi5でしょうか。その場合はDIVには書き込みする必要はございません。LTE BC CONFIGに書き込めば完了です。

  2. Reply
    Sylw 2017年1月14日 at 3:39 AM

    Hello, if anyone can translate it into English? And if the band 20 runs after this operation?

    • Reply
      gadgetfan 2017年1月14日 at 5:06 AM

      Thank you for seeing the site.
      the RFNV of band 20 is not included.
      Band 20 can not be activated.

  3. Reply
    sanepy 2017年1月15日 at 2:07 AM

    書き換えてもLTE BAND8を掴まない…
    NetworkSignal Guruでバンド制限しても同様。。。

    • Reply
      Taicoo 2017年2月23日 at 1:09 PM

      最近私もMi5を入手したのでやってみましたが、sanepy様と同じでBAND8を掴みませんでした。
      ロットやロムの違いでできるできないがあるのでしょうか。

      • Reply
        gadgetfan 2017年2月23日 at 2:01 PM

        taicoo様

        ご覧いただきありがとうございます。回線は何をお使いでしょうか。
        >ロットやロムの違いでできるできないがあるのでしょうか。
        乗ってるチップはSKY77646だと思うので差はないと思います。
        ちなみにsignal guruでlte band8へ固定して掴まないという状況で間違いないでしょうか。

        • Taicoo 2017年2月23日 at 3:00 PM

          回線はY!mobileです。
          同じ場所でもともとband8を使える端末では問題なく掴んでいます。
          上記guruのband8のみにチェックを入れている画像を見て気がついたのですが、当方はband5も表示されています。おそらくtoolでband8を有効にする際、band5にもチェックを入れてしまったようです。
          これが原因でしょうか?

        • gadgetfan 2017年2月23日 at 4:22 PM

          >おそらくtoolでband8を有効にする際、band5にもチェックを入れてしまったようです。
          おそらく影響は無いと思います。EFSのバックアップをとっていらっしゃるのであれば一度TWRPからEFSを戻して
          再度DFS toolからLTE BC configに追加してみていただけますでしょうか。SPCのクリックを忘れると値は入るが正しく
          設定が適用されていない状態になるのでお忘れなく。また、問題を切り分けるためにwcdma側は設定変更せずにlteのみ作業をしてみていただければと思います。

  4. Reply
    tek 2017年2月7日 at 3:19 PM

    DFS tool は全て有料になってしまったのでしょうか?

    • Reply
      gadgetfan 2017年2月7日 at 3:25 PM

      tek様
      ご覧いただきありがとうございます。DFS toolは新バージョンからユーザー登録が必須になったようです。
      下記のエントリにまとめましたので一読いただければと存じます。
      http://gadget.hrksv.com/2017/02/05/post-1642/

  5. Reply
    Taicoo 2017年2月23日 at 5:55 PM

    お恥ずかしながらEFSのバックアップをとっていませんでした。
    バックアップなしの状態で一旦初期状態に戻すことは可能でしょうか?

    • Reply
      Taicoo 2017年2月23日 at 7:18 PM

      すみません。自己解決しました。
      実は中古で入手した端末だったのですが、前所有者がプラスエリア化の際におそらく例の*#*#4636#*#*でJAPAN BANDを選択されたようで、その設定が残っていてうまく設定が有効にならなかったようです。
      TWRPよりFormatを行いロムを焼き直したところ、無事BAND8を掴めるようになりました。
      お騒がせして申し訳ありませんでした。
      いろいろ教えていただきありがとうございました。

      • Reply
        Taicoo 2017年2月25日 at 3:33 PM

        BAND8を掴めるようになりましたので、いろいろ検証してみましたが、当方の環境では以下の不具合が出ましたので一応ご報告です。
        SIM2枚差しで、通信用にY!mobileのデータSIM、通話用にSoftBankのガラケーSIMで運用してみたところ、LTEのBAND8を有効にした後から回線が一時切れることがたびたび見受けられるようになりました。
        ただ、切れてもしばらく待てば自動で再接続されますが、やはり少し気になります。
        BAND8を無効にするとこのようなことは発生しません。
        やはり、正式にBAND8対応でない端末を無理やり対応させている弊害でしょうか。
        ちなみにロムはECRmodです。

        • gadgetfan 2017年2月25日 at 4:01 PM

          その動きはMIUI8の問題かと思われます。デフォルトでband8に対応しているmi5sでもmi5でもy!mobile回線を使っていると全く同じ様に切れてつながるという動きをするので。なのでmi5でband8を追加したからという訳では無いと思われます。

        • Taicoo 2017年2月26日 at 3:26 PM

          そうでしたか。MIUI8の問題ですか。それならロムを入れ替えれば直る可能性大ですね。ありがとうございます。

  6. Reply
    macwindows 2017年2月26日 at 1:58 AM

    Hello,
    Will this work for Mi5S? I am looking to unlock BAND 4.
    Any help is highly appreciated.
    Thanks in advance.

    • Reply
      gadgetfan 2017年2月26日 at 7:20 AM

      I have not examined mi5s.
      You can easily set and try it!

      • Reply
        macwindows 2017年3月3日 at 12:33 PM

        I tried on Mi5S and now in Network Signal Guru shows all the LTE BANDs (LTE B1 2 3 4 5 7 8 11 17 18 26 28 38 39 40 41). Did not touch CDMA BANDs at this time.
        However, in Network Signal Guru LTE does not show connected. It still shows WDCMA BAND B-850M.
        Any suggestion, please?

        • macwindows 2017年3月10日 at 12:03 PM

          Thanks for your reply.
          Where to look for rfnv file on device? can that file be get from somewhere?

        • gadgetfan 2017年3月10日 at 12:17 PM

          You can confirm by using qpst’s efs explorer.

          By filtering with “LTE B4” using the following file, you can know the file name used by B4.
          http://gadget.hrksv.com/wp-content/uploads/2017/02/snapdragon_all_nv_list.xlsx
          The missing rfnv file needs to be exported from the device that B4 can use.

          Just importing it may not work, so at that time you will just give up and give up.

        • gadgetfan 2017年3月3日 at 12:55 PM

          hi macwindows.
          Can not connect a lte band that does not have rfnv-file on the device.
          Which LTE band do you want to connect to?

        • gadgetfan 2017年3月10日 at 11:21 AM

          There is no band 4 in Japan, so I can not try it. Sorry.

        • macwindows 2017年3月4日 at 1:28 AM

          Thanks for your quick reply.
          LTE BAND 4 – that is the BAND my proivder support for LTE (I am in CANADA).

  7. Reply
    m1u7aku 2017年3月15日 at 12:59 AM

    はじめまして。Mi5にこのツールを使ってLTEのバンド1,11,18,26,28,41(つまりauのバンド)を書き込んだのですが、何故かそれが適用されてません。このうちデフォルトのバンド1,41は掴むので書き換えが何らかの形でできない状態なのかと予想しているのですが、何か対処方法はありませんでしょうか。一応ストックROMを書き込んでみたりはしましたが何も変わりません。

    • Reply
      m1u7aku 2017年3月15日 at 1:02 AM

      追記です。OSはMokeeROM Android6.0.1でMokeeヴァージョンはMK60.1-gemini-170311-RELEASEです。ベースバンドバージョンはTH20c1.9-0923_2208_defeab2です。

      • Reply
        gadgetfan 2017年3月15日 at 5:30 AM

        m1u7aku様

        御覧いただきありがとうございます。当方auは
        使ったことがないのでお役立てません。癖のあるauのlte接続までのプロセスを全く理解してないので…。
        network signal guruで該当のlteバンドは表示されているけど、band lockしても該当のlteを掴まないという状況でしょうか。
        lte bc configに正しく値が入っており、network signal guruでも値が表示されband lockできるのであれば
        あとは*#*#4636#*#*からlte onlyにしてみて接続できるか…。試すとしたらそれくらいでしょうか。

        • m1u7aku 2017年3月15日 at 12:02 PM

          そうですか…。
          一応LTE Onlyにしてはみようとするのですが、切り替えができないのです…。LTE BC Configもすべてauのバンドに書き換えしました。CDMAもBC0 CDMA System-Aに書き換えました。
          この状態ですのでやはり諦めるしかないのでしょうか…

        • m1u7aku 2017年3月19日 at 8:48 PM

          バンドを全てもとに戻した後このサイト通りバンド書き換えをしたところ、少なくともLTEにて掴める電波はデフォルトのバンドのみでした。Band18や26など有効化にしても、Network Signal guruでは表示されても電波を掴まないという状況です。考えられる事はありますでしょうか。某掲示板も漁っては見ましたが情報が出てきませんでした。

        • gadgetfan 2017年3月19日 at 9:08 PM

          先に申し上げた通り、残念ながら当方はauに関するノウハウを持ち合わせておりません。大変申し訳ございません。

        • m1u7aku 2017年3月15日 at 1:31 PM

          実はそのEFSなのですが、破損してしまい購入時のオリジナルがない状態です。こうなってしまうともうどうしようもないのでしょうか…

        • gadgetfan 2017年3月16日 at 4:41 PM

          変更した箇所がバンド周りとわかっているならデフォルトの値に戻せば終わりです。
          EFSは色々な個体個別の情報が入っているため今後は複数バックアップをとっておくことをおすすめします。

        • m1u7aku 2017年3月15日 at 1:11 PM

          なるほど。となれば現状auもしくはSBの回線がプラチナバンドをつかめるがdocomoはつかめないという状況ですね。
          私のMi5がもとに戻ってくれればauバンドをフルバンド掴んでくれるのですが…ハードブリックですかね…

        • gadgetfan 2017年3月15日 at 1:16 PM

          すみませんおっしゃっている意味がよく理解できないのですが、バンドの設定を変更されて元に戻したいのであればTWRPからEFSパーティションを戻せば良いと思います。

        • m1u7aku 2017年3月15日 at 12:36 PM

          因みに、docomoだとLTEのプラチナバンドは必ず掴めないのでしょうか。友好化にする手段はほかサイトにて見つかったのですが…

        • gadgetfan 2017年3月15日 at 12:44 PM

          現世代のsnapdragonでLTE B19は現状moto G系で成功した方しか存在しないと思います。しかもその方は同型機種からのrfnv B19に関するファイルを移植したようです。
          当方はmoto zやmi note 2からB19に関するrfnvをzuk z2やmi5に移植しましたが、結果まだ接続に至っていません。現状推論でしかありませんが、モデムファームが影響しているのではないかと考えています。

        • gadgetfan 2017年3月15日 at 12:14 PM

          お力になれず申し訳ございません。当方、auに疎くて電話回線として認識した場合、LTEに接続する場合なにか変な処理が入るというレベルでしか把握しておりませんでして…。

  8. Reply
    m1u7aku 2017年3月19日 at 6:11 PM

    了解しました。バンド書き換えに関して、全て完全に初期の状態に戻して再度実行してみます

    • Reply
      m1u7aku 2017年3月19日 at 6:12 PM

      すいません、上のコメントの返信です

  9. Reply
    kaeru 2017年3月24日 at 10:33 AM

    DFS CDMA toolが無料では使えなくなってしまったようです。

    代替手段をご存知でしたらご教示いただければ幸いです。

    • Reply
      gadgetfan 2017年4月18日 at 9:45 PM

      KAERU様
      返信が遅れまして申し訳ございません。すでに対処済みかと思われますが当サイトでも該当のhowtoがございますので参照いただければと思います。
      http://gadget.hrksv.com/2017/02/05/post-1642

  10. Reply
    house of pain 2017年4月18日 at 9:05 PM

    ↑ KAERUさま、CDMA tool、無料で使えています。使用する際、アプリ内にて、登録・ログインが必要になったようです。

    いつも楽しく記事を読ませていただいています。mi5のプラスエリア対応、並びにLTEバンド追加記事の、完全版を執筆していただくことは可能でしょうか。よろしくお願いします。

    • Reply
      gadgetfan 2017年4月18日 at 9:46 PM

      HOUSE OF PAIN様
      ご覧いただきありがとうございます。
      mi5については検討させていただきます。

      • Reply
        house of pain 2017年4月19日 at 7:10 PM

        GADGETFAN様、mi5の記事の件、よろしくお願いします。過去記事を参考にさせていただき、CDMA toolにて数値の変更を行ったのですが、両スロットでバンド6を掴まず、難儀しています。mi4cやredmi note3では同じポイントでバンド6をつかむことができたので、電波自体は跳んでいるはずなのですが。mi5にてQXDMを使用し、パラメーターを変更する際、redmi 4プラスエリア化で使用された数値と同様の数値(#946→0x0CE8 #1877→562950169952641 #6828→2061584302277 (LTE band8を追加))を変更する事で、プラスエリア化が可能なのでしょうか?

Leave a reply

2017/5/24 10:00~12:00 サーバトラブルにより正しくコンテンツが読み出せない状況が発生しておりました。大変ご迷惑をお掛けいたしました。