Oneplus 5/5T/6のVoLTE有効化手法の公開

Oneplus 5/5T/6のVoLTE有効化について

長らくお待たせしました。Oneplusを日本で使う上で唯一の弱点であったVoLTE利用について、解決策が確立されたので日本のキャリア向けの手順を公開します。これによりせっかくSDM845なのに4G DSDVが利用できなかったOneplus 6の”もやっと”する残念な感じが払拭されます。なおこちらの手法についてはjamal2367氏@hu-bo.deのドイツ向けの手法を日本のキャリア向けにアレンジさせて頂いています。時を同じくしてNVを移植する手法で研究をされていた氏にはお世話になりました。この場を借りてお礼申し上げます。

スポンサーリンク

手順概要

前置きが長くなってしまいましたが、手順の大まかな流れは下記の通りです。今回もいつも通りTWRPからEFSのバックアップを取得し必ず保存してください。手順には明確に出てきませんが結果EFSの中身を編集したことになります。

  1. QPST 2.7.420の準備(あるいは460以降のPDCツール。こちらはご自身でお調べください。)、QUALCOMMのドライバをインストール
  2. OneplusのLog_testモードでVoLTEスイッチを強制有効化
  3. OneplusのFactoryModeでシリアルポートとDiagポートをオープン
  4. QPSTでロードされているVoLTE情報を編集

ざっと上記の流れで作業は進みます。なれれば5分かからない作業です。なお前述の通りTWRPからEFSのバックアップが取得できている以外で本作業を実施する上での前提条件は下記の通り。端末がroot化されていることすら必要ありません。

  • OxygenOSであること

たったこれだけです。どうでしょう今回はかなり簡単ですね。なお、本手順は5/5T/6すべてで共通です。画面は6のものですがまったく同じ作業なので心配ございません。

1.の作業は済んでいる前提で手順を進めて行きます。

OneplusのLog_testモードでVoLTEスイッチを強制有効化

歴の長いOneplusユーザーであればご存知と思われるLog_testモードを使います。当方はOneplus 5の時に存在を把握しVoLTEスイッチがあることは把握していましたが、こちらを見つけた時と単純に有効化しただけではVoLTEはつながらかった時の残念さは忘れられません。

ダイヤルアプリを起動し”*#800#”と入力します。

そうすると以下のようにLog_testモードが起動するのでEnterをタップして進みましょう。

続いてonplus Logkitをタップします。

続いてFunction Switchをタップします。

続いてVoLTE Switchを有効にします。画像ではVowifi Switchも有効になっていますが日本ではそんな便利機能をキャリアは提供していないので必要ありません。有効にすると再起動を促されるので再起動します。

再起動後はsimメニューのVoLTEオプションを有効化してください。

これでVoLTEスイッチの強制有効化は完了です。続いてDIAGポートをオープンする作業へ進みます。

OneplusのFactoryModeでシリアルポートとDiagポートをオープン

こちらもおなじみの機能です。FactoryModeからDiagポートをオープンします。ダイヤルアプリを開いて”*#801#”と入力します。

続いて以下のようにポートをオープンさせます。

これでDIAGポートでQPSTとやり取りできる準備が整いました。PCへ接続しデバイスマネージャーから”Qaulcomm HS-USB Diagnostics 9091”がポートに表示されればOKです。

QPSTでロードされているVoLTE情報を編集

いよいよ最後の作業です。QPSTのSoftware Downloadアプリを起動しVoLTEの定義を編集します。まずはQPST ConfigurationのStart Clientsあるいはプログラムの一覧からSoftware Downloadを起動します。QPST 2.7.460以降はPDCツールをプログラム一覧配下から起動してください。インターフェイスは違えでやることは一緒です。ちなみにPDCツールでやる場合なぜか値が反映されないことがあるんでおすすめはQPST 2.7.420です。

以下のようにCOMポートでデバイスが認識されていればOKです。

続いて一番右のタブMCFG_PDCを選択します。

Deviceから接続されたデバイスインターフェイスを選択します。

しばらくするとデバイスのMBNからロードされたVoLTEの定義が一覧として表示されます。

まずは諸悪の根源Oversea-Commercial_DSを非アクティブにします。こちらがあるせいで日本のキャリアのsimはVoLTEがつかめません。右クリックから以下のようにたどってください。

Overseaのsub0、sub1がInactiveであることを確認しRemoveします。

続いてリストからVoLTE-CUを探します。検証の結果こちらの定義でDocomo系、Softbank系のMNO、MVNOがすべからくVoLTEを有効にできることがわかりました。(5Tでワイモバイルを利用の場合はコメント欄のMINODOW様の補足を参照ください。India-VoLTE-Vodafoneが最適なようです。)

続いて右クリックのSetSelectedConfigからSub0、Sub1を選択します。一度に選択できないのでsub0、sub1を順番に選んでください。

両方がPendingステータスになったら、Activateをクリックします。

ボタンを押しても自動でActiveにならないので30秒ほど待ち、Devicesからデバイスintをもう一度クリックしてください。そうすると以下のようにSub0、Sub1がActiveステートに変わります。これによりSim1/Sim2でVoLTEが有効になるというわけです。

ここまで出来たら一度再起動すれば以下のように通知シェードのステータスにVoLTEアイコンが確認できます。

Oneplus 5/5Tの場合はステータスバーにVoLTEアイコンが表示されます。

Oneplus 6のDSDVの場合は以下のようなアイコンです。これにて作業は完了です。お疲れさまでした。

制限事項等

OxygenOSのアップデートでROMによるプレロードされるNVがデフォルトに戻り、VoLTEが使えなくなります。なれれば5分の作業ですが作業後のEFSをバックアップしリカバリするなり再度作業するなりで対応する必要があります。また当方はauの回線を所持していないのでそちらでのVoLTEは未確認です。MBNファイルの展開からもっと別なことが出来そうな気がしているので色々やってみないと。

その他

7/22まで限定でOneplus 6 が$109オフになっています。気になる方は下記よりどうぞ。

 

スポンサーリンク
29 Comments
  1. 管理人様

    お陰様でOP5T、OP6で無事volteを有効にできました。ドコモとドコモmvnoでdsdvの確認が出来てます。
    ありがとうございました。

  2. タイラー様
    お役に立てたのであれば幸いです。
    今後とも宜しくお願い致します。

  3. ありがとうございます。
    私も有効にすることができました。

    厚かましいですがOneplus6 Oxygenos5.1.9にアップデートした後に設定画面のステータスバーを開くと設定が落ちてしまいます。
    解決策などご存知でしょうか?
    リカバリーモードからキャッシュは削除しても同じでした。
    また言語を日本語以外に設定していた場合は問題なくステータスバーの設定は開くことができます。

    • たかし様

      当方の端末は設定メニューのステータスバーを開くと設定がクラッシュしました。5.1.9の問題かもしれません。引き続き調査します。

      • 設定メニューのステータスバーを選択すると 設定アプリが死んでしまうのは 今回のVoLTEハックとは無関係で 5.1.9自体のバグのようです

        1. 言語を日本語にしている
        2. ステータスバーのバッテリーの表示で % 表示を選択している

        の両方が揃うと死にます

        英語に切り替えて ステータスバーの設定をひらいて バッテリーバーとかバッテリーサークル 表示を選択してやると 日本語に戻しても死ななくなります

    • たかし様

      当方も確認してみますが、なんとなく5.1.9をフルフラッシュした方が良いような気がします。

  4. 管理人様

    お世話になったお礼にセール情報をば。某掲示板での情報ですが、記事にされては如何でしょうか。

    http://mobiltelefon.ru/post_1532075342.html

  5. 管理人様

    おかげさまでOP5TにてVoLTEを有効化することができました。しかし、1つ問題があり、着信はできるのですが発信ができません。
    バックアップからEFSを復元してもう1度試してみましたが、やはりだめでした。
    何か解決策はございませんでしょうか?
    ちなみにOxygenOS5.1.3とY!mobileのn101simです。

  6. 管理人様

    mineoのau VoLTE simにてLTEで通信ができることを確認いたしました。通話についてはあいにくsmsのみの契約でしたので確認できませんでした。

  7. OP5t uq 白シム (iphone SE) でVoLTEの動作確認しました。
    こちらの環境でも、MNTS様の報告どおり、ワイモバイルn101 は着信できましたが、発信ができませんでした。

    VoLTE表記に感動しています。有効化手順の公開、ありがとうございます。

  8. 管理人さん

    ガジェットファンはもはや他のガジェットサイトとは別格ですね。いつも参考にさせて頂いてます。
    MBNファイルの発展の件、たのしみにしています。

  9. こんにちは。OnePlus5T OxygenOS5.1.3 n141SIMでVOLTE発信できるようになりました。
    最初は他の方と同じように発信ができなかったのですが、
    追加でIndia-VoLTE-VodafoneもActiveにして再起動したらできるようになりました。
    あとQPST2.7 build460の場合はPDCというソフトで編集するようになってるみたいですね。
    MCFG_PDCというタブがなくて戸惑いました。記事でも言及していただけるとありがたいです。

    • MINODOW様

      確認があまかったです。すみません。5/6はVoLTE-CUで大丈夫ですが、5Tは確かにだめですね。おっしゃるとおりでした。修正します。ちなみにVoLTEの定義はアクティブにできるのが単一なので追加ではなく報告いただいたIndia-VoLTE-Vodafoneを単一でアクティブにする形です。

  10. 蛇足ですが 5.1.9 の 日本語で設定メニューがクラッシュするバグ 報告しといたら対処してくれたようで 次のアップデートで直るはずだから 出るまで待ってチェックしてねという連絡きましたんで、おそらく次(5.1.10?)では直っています。

  11. 横から失礼します。
    ステータスバーエラーの件参考になり非常に助かりました。
    VoLTEはちょっと躊躇しています^^;

  12. こんにちは、私もワイモバイルsim(通話)を使っているのですが、
    6のdescriptionのなかに
    India-VoLTE-Vodafoneというのが見つかりません。
    どこから選ぶのでしょうか?

  13. にいやんさん

    India-VoLTE-Vodafoneを選ぶのは5Tの場合のみです。
    6は記事の手順通りで大丈夫だと思います。

  14. うーん、ワイモバイルの代わりにドコモsim(iphoneで使っっているもの)入れてみましたが、volteになりません。
    何か他の理由があるのかもしれません。OP6で5.1.9です。

    • にいやんさま

      ツールはなにを使っていますでしょうか。Pdcツールだとツール上変更出来ているのに端末の値として正しく反映されていないことがあります。

  15. 今気づきました。そもそもかもしれませんが、ymobile側3gのままです。音声、データ切り替えても。
    これだとダメですよね。なんでなんだろう。

  16. 管理人様

    手順の公開ありがとうございます。
    OP6にてauのVoLTE SIMの通話発着信、SMS送受信、データ通信が確認できましたので、ご報告です。
    ツールはQPST 2.7.460のPDCツールを利用しています。

  17. こんにちは。
    こちらの記事を参考にVoLTE有効化できました。
    auガラホsim(au nano ic LE)で発信、着信、通話できました!
    UQモバイルのマルチsimでデータ通信できました!
    しかし、この2枚でdsdvしようとすると、ガラホ側のapnも
    UQのapnに設定されてしまい通話ができなくなってしまいます。
    UQのapnを消すと通話できるようになりますが、
    UQ側のapnも消えてしまうためデータ通信できなくなります。
    何か回避策があるかなーと探っております。
    au系の動作は複雑ですね。
    取り急ぎ動作確認の報告とさせていただきます。

Leave a reply

x


Oneplus 6が過去最安・世界最安価格の$120off!!64GBが$428、128GBは$499に!詳しくはこちら!