Oneplus 6TをHydrogenOSからOxygenOSへ入れ替える本当に正しい手順

Oneplus 6TをHydrogenOSからOxygenOSへ入れ替える

これは何?

joybuyなどで購入した場合、初期でインストールされているromは中国向けのgoogle play storeが入っていないHydrogenOSです。それらをグローバル多言語向けのOxygenOSへ入れ替える手順です。OSの入れ替えとなると敷居が高そうに感じますが実に簡単です。Treble環境下では(Trebleではなく新しいアップデートスキームではですね。失礼しました。)A/Bパーティションに対してOOSのシステムをフラッシュする必要があります。 H2OSのアップデータを使ったアップデートの向けのFull ROMの手順では片側のパーティションがH2OSのシステムのままになってしまいます。こちらの手順を利用しすべてのパーティションをOOS向けのシステムに書き換えましょう。

スポンサーリンク

全体の流れとしては以下の通りです。

  • Oneplus 6TのBootloader Unlock
  • Oneplus 6Tにカスタムリカバリを導入する
  • EFSパーティションのバックアップ
  • OxygenOSをフラッシュする
  • VoLTEを有効化する

Oneplus 6TのBootloader Unlock

前提条件

下記をPCへインストールしておいてください。すでに実行環境があれば不要です。

こちらはおなじみの手法で簡単に実施できます。

まずは設定-端末情報-ビルド番号を連打で開発オプションを有効化
開発オプションからOEMロック解除を有効にしてください。

  1. (スマホ)電源を切る
  2. (スマホ)ボリュームキー下+電源ボタンでリカバリモードを起動
  3. (スマホ)リカバリのAdvanced→Reboot to fastbootでブートローダを起動
  4. (PC)コマンドプロンプトを起動し fastboot devicesで応答を確認
  5. (PC)fastboot oem unlockを実行
  6. (スマホ)本体画面にunlockを許可するかという画面が出るのでOK

以上で完了です。bootloader unlockで内部データが消えるので事前に必要があればバックアップを取得ください。

Oneplus 6Tにカスタムリカバリを導入する

前提条件

TWRPイメージとA/Bパーティション向けのインストールzipをPCへダウンロードします。A/Bパーティション向けのインストールzipは解凍しないでください。

こちらも簡単です。bootloderをunlockしてからの手順は以下の通り。

  1. (スマホ)電源を切る
  2. (スマホ)ボリュームキー下+電源ボタンでリカバリモードを起動
  3. (スマホ)リカバリのAdvanced→Reboot to fastbootでブートローダを起動
  4. (PC)コマンドプロンプトを起動し fastboot boot twrp-fajita-3.2.3-1-xls654.img を実行
  5. (スマホ)本体側がテンポラリでtwrpが起動するのでAdvanced-ADB Sideloadをタップ
  6. (スマホ)Swipe to Start Sideloadをスワイプしsideloadモードを起動
  7. (PC)コマンドプロンプトから adb sideload twrp-fajita-3.2.3-1-installer-xls654.zip を実行

7.が問題なく完了すればA/B recovery両パーティションにtwrpのフラッシュが完了です。ちなみにDSDV Volte有効化を実施する場合はかならずEFSのバックアップを取得し、PCへ保存してください。

EFSパーティションのバックアップ

手順は簡単です。

  1. (スマホ)TWRPをボリュームキー下+電源ボタンで起動
  2. (スマホ)BackupからEFSのみ選択しSwipe to Backupを実行
  3. (スマホ/PC)PCへ内部ストレージにあるTWRPフォルダをバックアップ

OxygenOSをフラッシュする

前提条件

  • OxygenOSのfastboot rom・・・Fastboot romを作ってくれている方がいるのでそちらを利用。PCへダウンロードして解凍しておいてください。

実行はfastbootモードで実施します。手順は以下の通り。なお実施に当たって内部データは削除されるので必要に応じてバックアップを取ってください。

  1.  (スマホ)電源を落とす
  2. (スマホ)TWRPをボリュームキー下+電源ボタンで起動
  3. (スマホ)rebootからBootloaderを選択しブートローダーを起動
  4. (PC)解凍したfastboot romのflash-all.batを実行

以上で完了です。初回起動後Bootloaderのロックが必要ならfastbootモードで起動しfastboot oem lock を実行ください。またfastboot romの導入により、リカバリが純正に戻るので必要であれば再度TWRPをフラッシュください。

VoLTEを有効化する

いつも通りでOKです。以下の手順を参照ください。

まとめ

アップデートスクリプトによるROMの上書き手順の情報が溢れかえっているので手順をまとめてみました。最新の9.0.7のFastboot ROMで綺麗なOxygen OS の環境にしましょう。わからないことがありましたら、コメント欄などでご質問いただければと思います。

 

 

スポンサーリンク
15 Comments
  1. oneplus6についても同様の処置を施すべきなのでしょうか?

  2. はじめまして。いつも楽しく拝見しています。
    こちらを拝見して11月末にOneplus 6を購入いたしました。
    こちらのOSの入れ替えはOneplus 6にも共通していますか?

  3. 初めましてVoLTEについて調べてたころ、こちらのサイトを発見し、たびたび拝見させていただいております。
    当方のoneplus6は前に文鎮化してしまい、MsmDownloadToolでInternationalVersionOxygenOS5.1.5.rarを
    焼きましたが、この場合A&Bの両パーティションにOOSが焼かれた認識で合っていますか?

    • msmdownload toolを使うことがなかったので、ツールに含まれるバイナリを把握してません。アクティブパーティションを切り替えて御確認ください。

  4. いつも拝見しています。
    やってみたいけど難しそうでなかなか手が出せない…と思って読んでいます。が、joybuyからop6が手元に届いたのでやってみたいと思います。
    教えてください。
    それぞれの手順でやることが、pcで準備するのかスマホで準備するのか、操作がpcなのかスマホなのか、pcとスマホは接続してるのかしてなくていいのか、これが全く分かりません。
    以前op5tでromの入れ替えをしたときはうまくいった記憶があるのですが、その際は1.5GBぐらいのromデータを公式からpcでダウンロード、新品のop5tのストレージ直下にコピーして、あとはスマホだけで操作したと思います。
    この記事の方法はvolte有効までやるからpcが出てくる感じなのですかね?(コマンドプロンプトはpc側の操作だと思って言っています)
    ほんと素人過ぎて分からないのでお時間あれば教えてください。もう1年以上ほぼ毎日ブログ読ませてもらってるのに全然こういうのが分からず申し訳ないです。

    • 追記してみました。
      よくわからないとのことなので、アップデータから実施してもよいとおもいます。

      volteを有効にするのであれば、適宜efsのバックアップを取得ください。

      • スマホやPCなど追記してくださりありがとうございます!
        何度も記事を読み少ーしだけ分かったような気がします。
        石橋を叩いても渡らないぐらい慎重な人間なので、まだ実行に移すほどの理解ではありませんが、何とかしたいと思います。

        「アップデータから」というのはスマホだけでできる私の前述のやり方でしょうか。
        それでもOKだけど、このような記事を書かれているというのは、このやり方にメリットがあるということでしょうか。
        volteの有効化もぜひチャレンジしたく。。。その場合は、EFSのバックアップが必要とのことで、それはTWRPをスマホに導入していないとできない。。。TWRPでEFSのバックアップを取ってそれをPCに保存しておけば、あとで何かあったときにそのバックアップが回復の要となる、というイメージで合っていますか?
        このブログに出てくるTWRPとEFSのバックアップという単語が今だよく理解できず歯がゆい思いをしております。日々難しいことをして、分かりやすく発信されているgadgetfanさんには頭が下がります。

        • >「アップデータから」というのはスマホだけでできる私の前述のやり方でしょうか。

          さようでございます。

          アップデートに利用されるスロット以外にh2osの環境が残ってしまうのでa/bパーティションをすべてoosへ書き換え、綺麗な環境にしましょうというのがコンセプトです。

          そして多くの方がvolte化をされておられるようですが、EFSのバックアップを取らず作業をする方もいらっしゃるようなので、不足の事態に備え必ずEFSのバックアップを取りましょうということで手順くわえています。

          EFSは端末固有の情報(IMEIなど)やバンドに関する情報、volteの定義やCAの定義がはいってる重要なパーティションです。一度失われると自身のバックアップ以外から復旧のすべはありません。

          volte化作業ではこれらに変更を加えることになるので、バックアップは必須です。作業自体は元の通信に影響を与えるほどインパクトのある変更ではありませんが。

          当サイトでは度々ユーザー様からefsのバックアップを取っていませんでした、通信できなくなりました、何とかなりませんかというお問い合わせを頂いており、efsが絡む作業について「必ずEFSをバックアップ」と記載させていただいております。ちなみに大抵の場合バックアップがないとどうにもなりません。

  5. OP6の場合、TWRPはblu_sparkでなくてもよくなったのでしょうか?

    • waiting様

      当方はずっとblu_sparkを使い続けているので、本家がどうなったか把握してません。

  6. 6TでEFSバックアップを取るところ、data/media/0/TWRP required key not available

    バックアップが作成できないようなエラーが出ます。追加の設定など必要でしょうか?

Leave a reply

x
Oneplus 6が激安詳しくはこちら!

Oneplus 6T 8GB/128GBがクーポンで$489で世界最安詳しくはこちら!