Xiaomi Mi6のカスタムリカバリ(twrp)導入とカスタムrom導入

当方ブートローダーアンロック申請は以前のエントリに記載したとおり完了している為、アンロックを実施しROMの入れ替えを実施しました。

スポンサーリンク

なお、これらのシステム改変についてはリセラーの保証を放棄する行為になるのでご注意ください。転んでも泣かない人向けです。

Bootloaderのアンロック申請とアンロック

bootloaderのアンロックについて手順を確認したい方は以前のエントリの通りをご確認ください。なお、unlockには開発オプションからOEMアンロックをオン、unlockステータスからmiアカウントに機器をバインドする必要があります。そしてバインドしてから72h待ってからでないとアンロックが実施できませんでした。またアンロックには最新のmi unlock toolが必要です。

mi unlock toolは下記からダウンロードできます。

 

カスタムリカバリTWRPの導入

※以下の手順は古いです。最新のtwrpは問題なくmtpマウントが動作するので、twrpオフィシャルのバイナリをお使いください。

カスタムリカバリはXDAにて有志が作成してくださった3.1.1.0を最終的には利用しますが、なぜか当方の環境ではリカバリ起動後mtpでマウントができなかったので、データ転送する際はこちらのtwrp(言語が中国語)を利用しました。

下記はすべての作業が終わった後に入れたtwrpです。


TWRPの導入はfastbootモードから実施します。要領や前提条件はmi5と同様です。adbとfastbootのバイナリをインストールするこちらの様なソフトをインストールしコマンドプロンプトから解凍したディレクトリへ移動しfastbootコマンドを実行します。fastbootの起動はボリューム下キーと電源ボタンの同時押しです。

fastboot flash recovery  recovery.img(ダウンロードしたTWRPのイメージ)

ボリュームボタンの上を押しながらスタンバイしfastboot rebootでリカバリを起動しましょう。

TWRPが起動したら最初に必ずEFSを含めたバックアップを取ってください。

カスタムromの導入

今回はありがたくbhnotes.com様のecrmodを使わせていただきます。5/15にビルドいただいているromは起動できませんでしたが、5/18にビルドいただいてるものは起動が可能でした。なお、初回起動時にはsystemuiに関するエラーが連続して出るので一度再起動を実施する必要があります。

xiaomi.euも本日mi6がリリースされました。


なお、当方は謎global stableの環境について初期に出たtwrpでバックアップが出来なかった為、捨て去っておりchina stableが入った状態から開始しています。またdataパーティションが暗号化されていたので、wipeからformatdataを実施してmtpでecrmodのromを転送しています。このへんは環境にあわせて適宜読み替えてください。

root化を実施する場合は事前にflashable zipを用意しておきます。


TWRPの操作は下記手順で実施しました。
  1. 最初のtwrpをfastbootからフラッシュ
  2. dataパーティションが暗号化されている為twrpを起動し、wipeからformatdataを実行
  3. backupからefsのみバックアップし、母艦へ転送
  4. mtp経由でecrmodのromを転送しフラッシュ
  5. 初回起動時systeui関連のエラーが出続けるので再起動
  6. (オプション)ecrmodインストールでdataパーティションが暗号化されている為wipeからformatdataを実行し、supersuのzipを転送しフラッシュ
  7. エラーが出ないことを確認し、bootloaderを起動しxdaのtwrpをフラッシュ

 その他

需要があるか分かりませんが、china stable、china dev、それぞれ用のgoogleplayインストール用データをピックアップしてみました。プラスエリア化は現状のツールで今のところnvが読み込めず、うまくいっていません。

china stable 8.2.18
china stable 8.2.22
china dev 7.5.11
china dev 7.5.11 fastboot

google playはmi pad3向けがローカルバックアップ、リストアで導入が可能

レビューも実施しています。良ければ参照ください。

 

スポンサーリンク
2 Comments
  1. Reply
    みろ 2017年5月25日 at 2:05 PM

    うーん残念、まだツールが揃ってないのか…
    プラスエリア化してlineageosの環境に早く整えたい

    twrpの方はMTP修正版がxdaで公開されたっぽいですね

    • Reply
      gadgetfan 2017年5月25日 at 5:51 PM

      みろ様
      ごらんいただきありがとうございます。
      プラスエリア化はまだ当分先になりそうな予感です。
      >twrpの方はMTP修正版がxdaで公開されたっぽいですね
      情報ありがとうございます!確認してみます。

Leave a reply

各端末の最新クーポン価格はクーポンページを参照ください。メニューからアクセスが可能です。すべてのリセラーにおいて、クーポン適用が可能になるのは、登録アカウントへログインした後です。
プラスエリア化作業を実施する場合は必ずTWRP等カスタムリカバリを導入し、EFSのバックアップを取得してから実施ください。