ついにMoto ZとMoto Z PlayがLineageOS Officialサポート対象に!

つい最近までXDAにおいてとあるデベロッパーの方がひたすらメンテしてくださっていたMoto ZのLineageOSがついにOfficialでナイトリーリリースされるようになりました。

スポンサーリンク

保証をかなぐり捨ててBootloaderをアンロックしたあと、rfnvの移植だけではLTE B19がつかめないとわかり意気消沈していたわけですが報われました。

公式サイトよりダウンロードが可能になっています。
◆moto z griffin


◆moto z play addison

Googleサービスを利用するにはopengappsが必要です。ARM64、Android7.1をダウンロードしインストールください。


隠れ通知LEDが使えるようになっていたり、ソフトウェアキーにメニュー呼び出しがカスタマイズできたりと不満が一気に解消されます。(Unofficial romでもそうでしたが…。)Motomodsはまだちょっとうまく動かない様子です。

現在Banggoodではmoto z playが圧倒的に安くなっていたりするので、この機会にいかがでしょうか。

Lenovo Moto Z Play

Moto ZシリーズのSD625版

$251.98 $299.98

スポンサーリンク
ブログランキング参加中よろしければクリックください。

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ

Leave a reply

9月のセール情報は利用可能な情報以外を整理しました。
各端末の最新クーポン価格はクーポンページを参照ください。メニューからアクセスが可能です。
プラスエリア化作業を実施する場合は必ずTWRP等カスタムリカバリを導入し、EFSのバックアップを取得してから実施ください。