Leeco Le max 2のカスタムリカバリの導入からカスタムROMの導入まで

Leeco le max 2のカスタムリカバリ導入からROM導入まで

環境の準備

まず作業端末において必要なソフトウェアを準備します。

スポンサーリンク

fastbootやadbが利用できるsdkツール環境はAndroidStudioがおすすめ。なぜならこういった作業を実施する際、adb sideloadでromを書き込めない等の無用なトラブルをさける為、最新のバイナリを導入しておく方がベターだからです。

なお実施環境はWin7が一番トラブルがなくてよいです。バンド書換えの必要がなければMacでもLinuxでもカスタムリカバリの導入やroot化、romの書換えまで問題なく実施できます。

まずは下記を用意しましょう。

  • Android Studioの導入・・・howtoはにゃんさんのサイトが非常にわかりやすくて素晴らしいです。
  • カスタムリカバリのダウンロード・・・TWRP公式のle max 2用バイナリがあります。
  • 導入したいカスタムromのダウンロード・・・今回はcuoco氏のromを採用します。公式18Sベースのcookedromです。非常に安定しておりユーザーからの評価も高いです。
  • バンド書換えツールのダウンロード・・・おなじみのツールDFS sudioを使います。プラスエリア化で利用するので入れておきます。Setup DFS Evolution 16.11.08.0.zipをダウンロードします。

カスタムリカバリの導入

まずは最初のステップです。すべての作業のキモであるカスタムリカバリの書換えです。stock recoveryからTWRP recoveryへ書換えます。ダウンロードしておいたTWRPのイメージファイルはわかりやすい場所に保存し、適宜読み替えてください。

  1. 端末の電源を切り、Fastbootモードで起動します。(ボリューム下を押しながら電源ボタン)
  2. 作業端末のusbポートへ接続しドライバが適用されるのを待ちます。
  3. 管理者モードでコマンドプロンプトを立ち上げ、プロンプトに続き下記を実行
  4. c:\users\hogehoge\fastboot oem unlock (GearBestから受け取った製品はすでにunlockされていました)
  5. oem unlockが完了したら引続き下記の通り実施
  6. c:\users\hogehoge\fastboot flash recovery twrp-3.0.2-1-x2.img
  7. flashが成功していれば完了です。

カスタムリカバリの起動

カスタムリカバリは起動時にボリュームキーの上を押しながら起動するとリカバリモードに入れます。

あらかじめダウンロードしておいたROMファイルを端末に転送あるいはTWRPが起動した状態でPCへ接続しファイルを転送してください。TWRP起動時に接続した際は”X2”としてマウントされ、内部ストレージが参照できるようになります。

  • まずは既存のROMに関する不要なデータを削除します。TWRPからWipeを選択

img_20161127_083819189

  • Dalvik、System、Cache、Data、を選択し(まっさらにする場合はInternal Storageも)、Swipe to Wipeを実施し

img_20161127_084118204

 

  • Installからストレージ内のRomを選択しSwipe to confirm flashを実施すれば完了です。

img_20161127_084222268

 

注意点

Romのflashが完了したあとの初回起動は時間がかかります。気長に待ちましょう。

 

おすすめカスタムRomなど

Mokee・・・cm13ベースのカスタムromです。OTA対応

Madsurfer’s 21s EUI 5.9 Rom・・・EUI5.9ベースです。21Sだからなのか日本語化が結構進んでいます。

Cuoco92  rom・・・cuocuo92さんが改変しているクックドromです。EUIベースでOTA対応

 

端末の購入先

※以下の価格情報は古いです。最新クーポン価格はサイドバーを確認ください。モバイルの場合は投稿下部です。

購入先 ■Aliexpress $214~   ■Banggood $239.99~

GearBestがflashsale中です。配送料も安いのでaliよりおすすめ。クリスマスセールで$199.99 クーポンはCHLETV

レート改定後の価格でクーポンが発行されました。新クーポンは LETVES 価格は20898円です。 購入はこちら

le max2向けCDLAイヤホンはGearBestから購入が可能です。

スポンサーリンク
4 Comments
  1. Reply
    猫のしっぽ 2017年4月29日 at 10:13 PM

    X2とデバイスマネージャーで読み込みはするのですが不明なデバイスとなり開くことができません。
    データを消した後のせいか普通にブートしてもロゴでとまり起動しません。
    ほかに何か手はありますでしょうか

  2. Reply
    gadgetfan 2017年4月29日 at 10:27 PM

    MTPでマウントできないということでしょうか。それであればMTP USBデバイスあるいはUSB MTP Deviceのドライバをインストールしてあげればディスクにアクセスが可能です。

  3. Reply
    猫のしっぽ 2017年4月29日 at 11:06 PM

    MTPは今何とかインストールできたみたいですが、やはりデバイスマネージャーでは不明なデバイスにx2となります。

  4. Reply
    黒い熊 2017年7月25日 at 4:10 PM

    古いバージョンのDFS Studioを探しているのですが、Setup DFS Evolution 16.11.08.0.zipをお持ちでしたらいただけませんか?

Leave a reply

9月のセール情報は利用可能な情報以外を整理しました。
各端末の最新クーポン価格はクーポンページを参照ください。メニューからアクセスが可能です。
プラスエリア化作業を実施する場合は必ずTWRP等カスタムリカバリを導入し、EFSのバックアップを取得してから実施ください。