CDMA tool(DFS tool)がアップデートで利用できなくなった際の対処方法

CDMA toolのDFS Evolutionが強制的に17.02.03.00へアップデートされるようになりました。demoモードでの利用では起動できなくなったので対処方法を備忘録として書いておきます。

スポンサーリンク

DFS Evolution 17.02.03.00

ネットワークにつながっていると旧バージョンを利用している場合、強制的にアップデートされるようになりました。

起動してみる

Qualcomm tool.exeを実行してもまったく起動しなくなったので、はて・・と困っていたのですが何やらDFS Evolution.exeからの起動が必要なもよう。

Productsアイコンから起動するのであろうとクリックしてみたところ起動ボタンがありましたが起動しません。

これはひょっとして年間ライセンスを買わないと利用できなくなったのかなと思い公式サイトを見るとバージョンアップでの変更点の記載が全くありません。

ユーザー登録を実施

とりあえず有償でも利用頻度が高いので購入しようと公式サイトからまずはユーザー登録を実施することにしました。年間ライセンス$100なかなかのお値段ですね。

必要なフィールドに入力しユーザー登録を実施します。

DFS Evolutionへアカウントを登録

前述のプロセスでアカウント登録が完了したのでとりあえずDFS Evolutionへアカウントを入れログインしてみました。下記登録メールアドレスとパスワードを入力しloginをクリックします。

起動した!

ひょっとしたらと思い再度productsからQualcomm toolを起動してみたところ、無事起動が確認できました。

 

まとめ

バージョン17.02.03.00で年間ライセンスを買わないと利用できなくなったのかなと思いましたが、どうやらDEMOモードの利用の場合でもユーザー登録およびログインが必須になったようです。かなり使用頻度が高いソフトなので年間ライセンスを買ってもいいなと思ったのですが、取り急ぎ対処ができたのでお困りの方は活用ください。

スポンサーリンク
12 Comments
  1. Reply
    Z2ユーザー 2017年2月7日 at 9:33 PM

    有益な情報、ありがとうございます。
    近い将来(?)に備えて、早速登録しました。

    • Reply
      gadgetfan 2017年2月8日 at 5:39 AM

      Z2ユーザー様
      お役に立てたのであれば幸いです。

  2. Reply
    kaeru 2017年3月24日 at 10:36 AM

    上記の方法のとおり、アカウントを登録してみましたが、

    「Launch」ボタンが非アクティブな状は変わらず、押すことができません。

    何か良い方法がありましたらご教示ください。

    • Reply
      gadgetfan 2017年3月24日 at 10:43 AM

      初回起動時はアップデートが走るのでそれらが完了するまで、個別のアプリケーションが起動しません。
      DFS tool起動→アップデート完了を待つ→作成したアカウントでログインという流れで起動が可能だと思われます。
      といいますか私はそれで利用が出来ています。

  3. Reply
    kaeru 2017年3月24日 at 11:31 AM

    早速のご返信、ありがとうございます。
    しかし、しばらくアップデートを待ってみましたがだめでした。

    旧バージョンからのアップデートではなく、
    新規にダウンロードして使用したためでしょうか。

    こんなことならバックアップをとっておけばよかったです‥

  4. Reply
    kaeru 2017年3月24日 at 11:45 AM

    何度か試したらできました!
    ありがとうございましたm(_ _)m

    • Reply
      COLOR 2017年5月18日 at 5:50 PM

      KAERUさんと同じ状況です。
      「何度か試したらできました」と書かれておられますが、
      何をされたら「Launch」出来ましたでしょうか?

      ・DFS Tool Ver. 17.02.23.00 (ログイン済み)
      ・端末:Mi5 (MUI 8.3 by xiaomi.eu 7.5.11 | Beta) + SuperSU Free v2.79-SR3
      ・Diag USB port enable 済み
      ・PC:Windows10 Pro 64bit (Creators Update Bilud:1703 OS-Bilud:15073.296)
      ・Qualcomm Driver 適用済み (4つ + ADB Interface)

      • Reply
        ponpnpnon 2017年7月2日 at 3:28 AM

        失礼いたします。
        様々な情報をありがとうございます。

        こちらのソフトは、私もCOLORさんと同様でした。
         DFS Tool 17.06.14.00ですが、時間帯を変えても
         (しまいには、そのページ自体がsが付いているのに警告されて…)

        書き換えるモノは、他にもあるらしいので引っかかるはずですよ。COLORさん

  5. Reply
    日々精進 2017年7月14日 at 6:32 PM

    昨日まちがった事を書きました。
    DFS 17.07.12.00はユーザー登録をして、その後、メールに来たURL、、、、ただ、ここからですが、hppsなので、、、
    firefoxはセキュリティーでいけませんでした3のでIE11にfirefoxで表示された
    URLを貼り付け、登録画面に行きました。ログイン?でしたか??
    これでDFS起動、QTool起動できました。
    ただ、うまくバンドの追加はできていません、Mi5はsim1できない??
    これから奮闘です。
    gadgetfan さん昨日はすみませんでした。

    • Reply
      gadgetfan 2017年7月14日 at 6:37 PM

      日々精進様
      こちらこそ記事の更新ができておらず申し訳ございません。
      >gadgetfan さん昨日はすみませんでした。
      こちらはなんの件でしたでしょうか…。

  6. Reply
    新参 2017年8月12日 at 1:53 AM

    アカウント登録後、アカウントを有効にしてログインしても

    Your license is not assigned.
    You can assign it by ‘Assign license to current PC’ button

    と出てツールが使用することができません。

    もうライセンスを購入しなければ仕様することができないのでしょうか

    • Reply
      gadgetfan 2017年8月16日 at 9:48 PM

      新参様
      回答が遅れ申し訳ございません。
      こちらそのメッセージは出ても利用可能です。初回起動時はバイナリの更新でなかなかツールが起動できなかったり、CDMA側認証サーバが死んでいてログインできなかったりするので少し時間を置いてから試すと利用できたりします。

Leave a reply

各端末の最新クーポン価格はクーポンページを参照ください。メニューからアクセスが可能です。
プラスエリア化作業を実施する場合は必ずTWRP等カスタムリカバリを導入し、EFSのバックアップを取得してから実施ください。