Xiaomi Mi Notebook Air 12でOSX86の夢(夢の途中)

Yosemite時代から胡坐をかき続けすっかりお作法を忘れつつあるため、思い出しながら作業を進めています。最終的な形としてはClover UEFI経由でのmacOS SierraとWindows 10のデュアルブート環境を構築すること。

スポンサーリンク

Clover UEFIのbootable USBスティックでサクッと

インストーラは問題なし

diskutilでgptテーブルを作成し、EFI、Mac用hfs、Win用exfatを作成、Win用は後ほどインストールのタイミングntfsで再フォーマット

気まぐれでGUIでインストール、CLIでやればよかった…。

微調整が必要なインストール直後

メモリが2Gしか認識してないな…。必要なkextが足りてない状態

といった感じでちょっとずつ進めています。内蔵wifiが動かないことが分かっているのでmacOS Sierraに対応してるUSBドングルを探さないと…。サクッとレビューしてWindows10使って終わりということも考えましたが、それでは面白くないですよね。おいおい手順をまとめてエントリを書きたいと思います。

※画像はすべては当方が作成したはめ込み画像です。実在するものではありません。夢です。夢。

現在Gearbestがflashsaleで最安です。興味がある方はチェックしてみていただければと思います。

Xiaomi Air 12 Laptop
$479.99
スポンサーリンク
1 Comment
  1. Reply
    mizu 2017年6月1日 at 9:01 AM

    この続きを期待しています。

Leave a reply

各端末の最新クーポン価格はクーポンページを参照ください。メニューからアクセスが可能です。
プラスエリア化作業を実施する場合は必ずTWRP等カスタムリカバリを導入し、EFSのバックアップを取得してから実施ください。