Xiaomi Mi6の仕様・価格・発売日について

待ちに待ったMi6がついに発表されました。mi.comで発表されている情報から仕様を見ていきます。

スポンサーリンク

Xiaomi Mi6について

Mi5sの発売から203日、待望のXiaomiのフラッグシップであるXiaomi Mi 6が発表されました。4面歪曲ディプレイにセラミックボディ、Snapdragon835、超音波指紋センサー、デュアルカメラと流行りの要素は抑えた端末にはなっていますが…。

Xiaomi Mi6仕様

仕様については以下の通りですが、スペック的なものについてはピンとくるものは無いですね。

SoC Qualcomm Snapdragon 835 10nm
RAM 6GB
ROM 64GB あるいは 128 GB
ディスプレイ 5.15インチ4面歪曲ディスプレイ 3Dグラス FHD
指紋認証 全面超音波センサー
カメラ デュアル12MP
対応バンド FDD-LTE bands Bl, B3, B5, B7, B8
TD-LTE bands B38, B39, B40, B41
TD-SCDMA bands B34, B39
WCDMA bands B1, B2, B5, B8
GSM band B2, B3, B5, B8
CDMA1X/EVDO Band BC0
バッテリー 3350mAh
サイズ 145.17mm x 70.49mm x 7.45mm
重量 スタンダード168g セラミック182g
カラー ブラック、ブルー、ホワイト、シルバー

デザイン

デザインは全体的に丸みを帯びた歪曲デザインが採用されています。全面グラス下に指紋認証エリア、ステンレスフレーム、4面歪曲ガラスで構成されたデザインは非常に美しく見えます。カラーオプションはブラック、ホワイト、ブルー、シルバーのようですが、シルバーは特別版で入手は困難だと思われます。

SoC

予想では低価格モデルはHelioになるのではというものもありましたが、こちらは杞憂に終わりSD835が採用文句なしの選択です。初期生産分はGalaxy S8に取られてしまうというようなマーケットのお話もありましたが、安定して供給されるのでしょうか。antutuスコアは18万超え。

RAM&ROM

こちも予測通りといった感じです。6GRAMに64GB or 128GB romのオプション、きっとufs2.0が採用されているはずですからストレージも高速に動作してくれるでしょう。

ディスプレイ

ディスプレイにはブルーライトに対するアイケアモードを備えたLCD FHDのディスプレイで5.15インチのサイズ。4面歪曲の3Dグラスが採用されているとのこと。

バッテリー

容量は3350mAh他のフラグシップと比較して優位なことをアピールしています。

カメラ

カメラは望遠とサイドワイドの2つのレンズで構成。どちらのカメラも12MPの解像度でOISもサポートされています。

サポートされる機能は以下のようです。

  • PDAF
  • 4軸OIS
  • ダークライトエンハンスメントテクノロジー
  • ダイナミックレンジ調整
  • パノラマモード
  • 連続シャッターモード
  • 顔認識

美顔モードはリアカメラにも利用可能な様子。

発売日と価格

発売開始は4/28、午前10時より中国にて発売が開始されるとのこと。価格は以下の画像のとおりですが、Mi 6 6GB + 64GBモデルの価格は2499元(360ドル)、6GB + 128GBの価格は2899元(420ドル)で販売。ブラックの6GB + 128GBセラミック版は2999元(435ドル)で販売されます。リセラー価格は出始めは$100~上乗せでしょうね。

まとめ

個人的な感想としてはMi Mixで感じたような衝撃は全くなく、何か無難にまとまった物を発売するんだなという印象。きっと出始めのリセラー価格は450~500ドルくらいで出回るでしょうから、その価格なら別に買わなくてもいいなという感じです。皆さんはどう思われたでしょうか。

スポンサーリンク

Leave a reply

8/14(月)Oneplus 5 64GBに当サイト限定クーポンが出ています。トップページより確認ください。
各端末の最新クーポン価格はクーポンページを参照ください。メニューからアクセスが可能です。
プラスエリア化作業を実施する場合は必ずTWRP等カスタムリカバリを導入し、EFSのバックアップを取得してから実施ください。