HOMTOM H37 Proがプロモーション価格で$89.99に

週末プラスエリア化のまとめや、Mi Max2の作業まとめを書こうと思っていましたが体調を崩して着手できませんでした…。

スポンサーリンク

そんなことはさておき、GearbestでDoogeeのサブブランドHomtomのH37 Proについてプロモーションが開始されていました。7/3~10の間、$99.99→$89.99になる内容となっています。homtomと言えば低価格スマホの役割を担うサブブランドですが、最近のスマホの低価格化により、Doogeeとの差があまり感じられなくなっています。

仕様としてはざっと以下のような感じ。よくあるバジェットフォンです。

  • SoC: Mediatek MT6737 quad core 1.3ghz
  • RAM&ROM: 3GB/32GB
  • ディスプレイ: 5.0″” Sharp HD
  • ネットワーク:

2G: GSM 850MHz, 900MHz,1800MHz,1900MHz
3G: WCDMA 900MHz 2100MHz,
4G LTE: B1 、3、7、20

  • サイズ/重量: 14.73 x 7.16 x 0.89 cm / 161g
  • バッテリー:3000mAh

カラーは3色展開でsliver、rose gold、iron grayとなっています。SoC構成はまんま安スマホのテンプレのような構成です。

ディスプレイはSHARP製のHDディスプレイで2.5D仕上げであることをアピール

スピーカーはデュアル構成でなにやら通知関連は上下のイルミネートLEDが知らせてくれる様子。

OSはAOSPベースのAndroid7.0が搭載。

Doogee自体は印象として可もなく不可もなくといった端末を作るイメージのメーカーですが、$89.99ならまあいいかなという印象でしょうか。しかしながらこの価格帯であるならば、もうちょっと出してLeecoのX520かRedmi note 4Xあたりを買ったほうが幸せになれる気がします。

プロモーションページについては下記をチェックしていただければと思います。


Homtom HT37 Pro

$89.99 $99.99

スポンサーリンク
ブログランキング参加中よろしければクリックください。

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ

<>新着情報
2017年11月17日
NEW! [20Lバックの情報も追加]Xiaomi 17L ラップトップバックパックが$28.99→$19.99の大幅値引き

2017年11月17日
NEW! [最安価格]Xiaomi Hybrid Earphones Pro、Xiaomi Mi IV Hybridの最安価格はクーポン適用でそれぞれ$11.99、$9.99

2017年11月17日
NEW! Gearbestクーポン情報 11/17 日本限定クーポンを網羅 本日分はイヤホンが多め

2017年11月17日
NEW! Leeco Le 2 X520が$113.99 SD652採用4G3G DSDSでプラスエリア化可能 公式LineageOSも有り

2017年11月17日
NEW! [11/17 18時開始限定100]KZ ZS5 4ドライバイヤホンが$17.99→$12.99で最安

2017年11月17日
NEW! Gearbestの住所入力方法 入力誤りが多いようなので今一度ご確認を

2017年11月17日
NEW! [更新 11/17 タダみたいな製品たち]国別クーポンで出ている$3以下の小物たち 公式サイトでは出ない情報

2017年11月16日
NEW! [更新 11/16]国別クーポンで出ている$5以上の製品たち 公式サイトでは出ない情報

2017年11月16日
NEW! [11/16 19時開始]KZ ZS6 4ドライバハイブリッドイヤホンが$28.99→$24.99で最安価格 限定100

2017年11月15日
[$323.99クーポン追記 11/15 19時開始]Xiaomi Mi Note 3 64GBと128GBそれぞれが$30offで$357.99、$380.69

2017年11月14日
[国別クーポン 限定50]Xiaomi Redmi Note 4X 3GB/32GB Blackがリセラー最安の$129.99 公式には出ない情報

2017年11月14日
超小型デジタルビデオレコーダーQuelima SQ12のプロモーションが開始 $13.99で購入可能 旧モデルはなんと$7.99

Leave a reply

各端末の最新クーポン価格はクーポンページを参照ください。メニューからアクセスが可能です。
プラスエリア化作業を実施する場合は必ずTWRP等カスタムリカバリを導入し、EFSのバックアップを取得してから実施ください。