UMIDIGI One/One Pro がリリース 安価ながらグローバルLTEバンド対応

 

製品情報

UMIDIGIのコンパクトノッチディスプレイスマホ UMIDIGI One/One Proの販売が開始されています。UMIDIGI Z2と同じMediatek SoC Helio P23を採用しながら、価格は$139.99~と安価なバジェットフォン製品になっていますが、グローバルLTEバンド対応となかなかです。

スポンサーリンク

仕様

UMIDIGI OneとUMIDIGI One Proとの違い

スペックは以下の通り。OneとOne Proの差分はワイヤレスチャージの有無の影響かOneの方がバッテリーサイズが大きい点、RAM/ROMのコンビ、NFCの有無、FastChargeの有無が差になっています。これくらいの差であればOne Proでなくても良い気がします。

製品名 UMIDIGI One UMIDIGI One Pro
SoC  Mediatek MTK6763 Helio P23,
ARM Mali G71 MP2
Mediatek MTK6763 Helio P23,
ARM Mali G71 MP2
RAM/ROM  4GB/32GB MicroSDをサポート sim2と排他利用  4GB/64GB MicroSDをサポート sim2と排他利用
ディスプレイ  5.9インチ 720×1520 HD+ 5.9インチ 720×1520 HD+
カメラ 12MP + 5MPリアカメラ
6素子レンズ、OV12870、F / 2.0アパーチャ

16MPフロントカメラ
5素子レンズ、S5K3P3、F / 2.0アパーチャ

12MP + 5MPリアカメラ
6素子レンズ、OV12870、F / 2.0アパーチャ

16MPフロントカメラ
5素子レンズ、S5K3P3、F / 2.0アパーチャ

接続性 2G: GSM 2 /3 /5 /8
2G: CDMA1X BC0,BC1
3G: EVDO BC0,BC1
3G: WCDMA 1 /2 /4 /5 /8
3G: TD-SCDMA 34 /39
4G: TDD-LTE 34 /38 /39 /40 /41
4G: FDD-LTE 1 /2 /3 /4 /5 /7 /8 /12 /13 /17
/18 /19 /20 /25 /26 /28A /28B

4G4G DSDV対応

2G: GSM 2 /3 /5 /8
2G: CDMA1X BC0,BC1
3G: EVDO BC0,BC1
3G: WCDMA 1 /2 /4 /5 /8
3G: TD-SCDMA 34 /39
4G: TDD-LTE 34 /38 /39 /40 /41
4G: FDD-LTE 1 /2 /3 /4 /5 /7 /8 /12 /13 /17
/18 /19 /20 /25 /26 /28A /28B

4G4G DSDV対応

GPS  GPS GLONASS GPS GLONASS
センサー P-Sensor, L-Sensor, Accelerometer,
Gyroscope, Geomagnetic Sensor
 P-Sensor, L-Sensor, Accelerometer,
Gyroscope, Geomagnetic Sensor
サイズ 高さ:148.4 mm
幅:71.4 mm
厚さ:8.3 mm
重量:180 g
高さ:148.4 mm
幅:71.4 mm
厚さ:8.3 mm
重量:180 g
バッテリー  3550mAh 3250mAh
急速充電  10W 18W
ワイヤレス充電  なし 15W
NFC  なし  あり
OS  Android 8.1 Android 8.1

スペックについては公式サイトも参照ください。

特徴

製品のポイントをピックアップ

デザインとサイズ

デザインは縦並びのデュアルカメラに、デュアルグラスデザインとはやりのスタイルにノッチディスプレイです。カラーはカーボン柄とトワイライトカラーになっており。全体的なサイズ感は下記の通りコンパクトなものとなっています。ボトム側のベゼル部分もスッキリしておりなかなか良いデザインです。

ディスプレイ

ディスプレイは5.86インチのインセルディスプレイで端末サイズとしては5.2インチ級となっています。ノッチスタイルに19:9のアスペクト比、90%のスクリーンレシオとなっていますが、解像度は720×1520 HD+とコストカットされている部分でしょうか。

SoCにはHelio p23

SoCにはMediatek Helio p23が採用されておりAntutuのスコア的には8万を超えるレベルなので、グリグリの3Dをプレイしないのであれば十分なパフォーマンスです。低消費電力でもあるのでバッテリーの持ちにも寄与してくれる良い選択かと思われます。普段使いには非常にスムースなパフォーマンスを示してくれるでしょう。

カメラ

デュアルカメラ構成で12MPと5MPのコンボ、センサーはomnivison製になっています。どんなコンディションでもクオリティが高い撮影が可能とうたっていますが、こちらはあまり期待できない部分やもしれません。

デュアルファストチャージ対応

UMIDIGI Oneは10Wのファストチャージ仕様ですが、UMIDIGI One Proは18Wのファストチャージと15Wのワイヤレスチャージに対応。18Wの高速ケーブル充電で70分以内に完全に充電でき、15Wの高速ワイヤレス充電では100分以内に充電できますとのことです。

サイド指紋認証

ココ最近の端末ではあまり採用されているケースはすくないように思いますが、UMIDIGI Oneシリーズはサイドフレームの電源ボタンに組み込まれた指紋認証です。ホールドして起動する際には自然と利用する部分なので利便性は高いですね。

グローバルLTEバンド対応

日本キャリアの各種LTEバンドにも対応しているのでバンド的にはほぼ完璧な構成。4G4G DSDVで利用可能な点もポイントが高いです。安価な製品ながらグローバルLTEに対応しているという点が一番の評価ポイントかも知れません。

ストックAndroid 8.1

余分なジャンクソフトが存在しないピュアなAOSPが採用されている点も良いところです。

価格

UMIDIGI Oneは$139.99、One proは$169.99での販売開始です。気になる方は下記よりチェックください。

UMIDIGI One
$139.99
UMIDIGI One Pro
$169.99
スポンサーリンク
6 Comments
  1. 以前 zukz2のエリアプラス化でお世話になったZ2ユーザーです。
    DSDV機ではFOMA simが使えないとの噂を知ったのですが、
    なにか情報ありますでしょうか?
    というのも、Xiaomi MI A2をポチってしまいました。
    FOMAが使えないとなると、トホホです。

  2. 4G3GのDSDSは、いけそうなのですが
    FOMAが4G環境となり、docomoでハネられるようです。
    Xiaomi MI 6Xでは、どうなんでしょう??

  3. Xiaomi MI A2届いたので、早速試してみました。
    case 1 : so-net 0-sim + FOMA → FOMA接続せず(SIMは認識されている)
    case 2 : so-net 0-sim + aeon通話sim(docomo) → 通話O.K 4G+4G
    ということで、DSDV機ではFOMAの利用が追い込まれそう。

    私のzuk z2は、USB端子のダイオード破損-取り外ししてるので
    将来が不安です。
    MI A2のFOMA利用の道が開かれと良いのですが、、、。

  4. (訂正)
    case 2での通話は、4G+3G(ロック画面での表示)でした。

Leave a reply

x
Oneplus 6が$380で激安詳しくはこちら!

Oneplus 6Tがクーポンで$509で世界最安詳しくはこちら!