Oneplus 5Tのカスタムリカバリ(TWRP)導入とroot化

プラスエリア化を実施する前にroot化が必要になる為、oneplus5Tへカスタムリカバリの導入を実施します。

スポンサーリンク

Oneplus 5TへのTWRP導入とroot化

adb実行環境とfastboot実行環境が必要です。それらを準備した上で作業を進めましょう。

事前準備

作業にあたって必要な環境はADBとFASTBOOTの実行環境および公式twrp、supersuのダウンロードです。

  • adbおよびfastboot実行環境はadb-setupが便利です。こちらを参照の上、ダウンロードしインストールします。
  • TWRPはすでにOneplus 5T向けのTWRPオフィシャルが存在します。こちらからダウンロードしてください。
  • プラスエリア化のためにsupersuが必要になります。こちらからrecovery flash用のzipファイルをダウンロードしてください。

Bootloaderのunlock

TWRPの導入にはbootloaderのアンロックが必要です。設定→端末情報からビルド番号を連打して”開発オプション”を有効にします。

続いて設定→開発向けオプションからOEMロック解除を有効にします。

ここまで出来たら、端末の電源を切りボリュームキーの上と電源ボタンでfastbootモードを起動します。

続いてコマンドプロンプト(fastbootが実行できるパス)からfastbootを実行しoem unlockを実施します。

fastboot devicesで接続情報が確認できるので下記のように応答があれば実施できる状態です。

C:\hogehoge\fastboot devices

59243c1c fastboot

続いてunlockを実施します。下記のように応答があれば続く画像の画面になるのでyesを選択します。ボリュームキーで上下の操作、電源ボタンで決定です。unlockが実行されると端末がフルワイプされるでの事前に必要なものをバックアップしておくと良いです。

C:\hogehoge\fastboot oem unlock


OKAY [ 0.051s]
finished. total time: 0.052s

unlockが完了すれば自動で再起動し初期設定画面になりますが引き続き作業を実施します。

カスタムリカバリTWRPの導入

bootloaderのアンロックが完了したら、再度fastbootモードで起動し、TWRPをフラッシュします。

実行は至って簡単でいつもどおりのコマンドです。下記のように応答があればokです。

C:\hogehoge\fastboot flash recovery c:\pathtofile\twrp-3.2.1-0-dumpling.img

target reported max download size of 536870912 bytes
sending ‘recovery’ (27272 KB)…
OKAY [ 0.650s]
writing ‘recovery’…
OKAY [ 0.265s]
finished. total time: 0.920s

最後にfastbootから抜けてリカバリを起動しますが、fastbootモードの画面からボリュームキーを操作してrecoveryを選んでも良いですし、fastboot rebootを実行して、ボリュームキーの上を押しながら待機しても良いです。

カスタムリカバリTWRPの起動とroot化、EFSのバックアップ

初回起動時には下記画像のようにsystemパーティションに変更を加える行為になる旨のメッセージが出ますがスワイプして抜けてOKです。

続いてroot化を実施します。TWRPが起動した状態で端末をPCへ接続し内部ストレージ直下にsupersuのzipファイルを設置して、installからroot取得を実施ください。

あとは通常通り起動して、初期設定を済ませた後、アプリドロワーからsupersuがインストールされていること確認して再起動後、TWRPを起動しbackupからEFSのみをチェックしてバックアップを取得母艦へ保存しておいてください。

その他

Oneplus 5Tの最安価格は以下で追っているので気になっている方は参考にしていただければと思います。


プラスエリア化についても投稿しました。

レビューも合わせて確認いただければ幸いです。
スポンサーリンク
We will be happy to hear your thoughts

Leave a reply

x
バジェットノートパソコンYEPO 737A Grayの$209.99になる特別のリンクが復活しました。マウスとマウスパッドのおまけ付きです。気になる方はトップページから確認ください。機器の詳細はレビュー記事をどうぞ。