dodocool 8-in-1 Type-CハブDC46のレビュー

最近のモバイル端末はUSB Type-Cはあるもののその他インターフェイスが省かれたミニマルなデザインの端末が多く、Xiaomi Notebook Air 13を手に入れたタイミングでGigabitのイーサが欲しかったこともありdodocoolのUSB Type-C ハブDC46を発注してみました。

スポンサーリンク

特徴

8 in 1のUSB Type-Cハブとして該当のインターフェイスを持つ機器のインターフェイス拡張を担ってくれるハブです。機能としてはUSB 3.0、HDMI、電源供給PD、Gigabit Ether、TF、SDカードの拡張が可能になる製品です。Type-Cポートにさせばプラグアンドプレイですぐに利用が可能なすぐれものです。

+Pros

  • 軽量な本体で持ち運びも便利
  • 各ポートがスペック通りのパフォーマンスで動作
  • Type-C接続一本で8ポートの拡張

-Cons

  • 製品のtype-Cケーブルが14.5cmと若干短め
  • 接続機器のType-Cポートが右側にある場合各ケーブルの取り回しが煩雑

 

仕様

仕様としては以下の通り。利用可能なインターフェイスが一気に増えます。

  • USB 3.0×3 (データ転送 5Gbps、5V900mAhのアウトプット)
  • HDMI×1(4K UHD 3840×2160@30Hzまで対応)
  • イーサネット×1(1000Mbps)
  • SD×1/TF(MicroSD)×1(512GBまでサポート)
  • プラグアンドプレイ

ハードウェア

サイズは割りとコンパクトで107.20 × 17.80 × 59.64mmというサイズ感です。筐体はプラスチック製でケーブル長は14.5cmとちょっと短めです。

インターフェイスの並びとしてはブランドロゴを正面とした場合、全面がUSB3.0×3、HDMI×1

後面がType-CケーブルとPDポート。

左側面がRJ45 ポートGigabitイーサ。

 

右側面が上からSDスロット、TF(MicroSD)スロットという並びです。

各ポートに差し込みをおこなった際はUSB Type-Cポートが右側にある場合、下記のようにケーブルの取り回しが割りと困難です。テストにはMi Notebook Air 13を使用していますがこの場合、端末後方に本製品を持ってくる必要があるので、USB 3.0ポートへのアクセスが不便です。

パフォーマンス

念のため、各ポートがそれぞれの規格どおりにパフォーマンスを示すかチェックしてみました。

LANポート

我が家は各部屋にCat 5eで情報コンセントを敷設しており、当方としてはできれば家で利用するノート端末やデスクトップ端末は有線で利用したいという要件があります。本製品のLANポートはGigabit Ethernetに対応しているため早速、RAID10により構成されたESXiホスト上のCentOS7サーバへsmbでファイル転送を実施したところ、下記の通りばっちり113MB/sと理論値に近い数字が出ており快適に利用が可能でした。上り下りともに110MB/s以上の速度が出ているので文句なしの結果です。

USB3.0

こちらにはセンチュリーのUSB3.0 SATA6Gで動作するハードディスクケースにCrucialのM4 SSD 256GBを入れて試験を実施しましたが概ね良好な数字です。画像では128GBの容量になっていますが、先頭パーティションがNTFS、後方パーティションがHFS+の為です。たしかYosemiteとかがインストールされていたはず。

シーケンシャル、ランダムともまともな数字です

SDカード

SDカードのテストにはSAMSUNGのEVO+、UHS-I 128GBのカードを用いてテストを実施しましたがこちらもほぼ公称値の値で利用が出来ています。

こちらもほぼスペック通りの数値

PDポート

こちらも問題なくXiaomi Notebook Air 13への給電が可能でした。

まとめ

当方の要件としてはGigabit Etherのポートが必要であったことでしたが、各ポートはスペック通り期待した数値で動作しパフォーマンスの面ではなんら不都合はない製品です。しかしながらケーブル長が14.5cmと若干短く接続する本体のType-Cポートが右側の場合、LAN端子が手前側になりマウスで操作する場所と干渉しケーブルの取り回しが煩雑になることがちょっと残念です。Macbookなどで利用する場合は本体左側にType-Cポートが来るためその場合はとても相性が良いと思われます。当方の要件としてはGigabit Etherの拡張が第一であったため満足行く良い製品でした。モバイル端末と一緒にカバンの中に忍ばせて置きたい一品です。

価格と購入

Amazonから購入が可能です。現在の価格は5,798円で販売されていますが12/15まで利用可能なクーポンがあり HITS8DIK を購入の際投入すれば20%offになります。

 

スポンサーリンク

Leave a reply

各端末の最新クーポン価格はクーポンページを参照ください。メニューからアクセスが可能です。すべてのリセラーにおいて、クーポン適用が可能になるのは、登録アカウントへログインした後です。
プラスエリア化作業を実施する場合は必ずTWRP等カスタムリカバリを導入し、EFSのバックアップを取得してから実施ください。