Best price

BlitzWolf®のUSB Type-Cケーブルが安い$5.49→$2.99!Banggoodでプロモーションが開始

当方も気にいって使っているスマホアクセサリのBlitzWolf®製ケーブルがプロモーションで随分安くなっています。何度か該当のメーカーを取り上げ、なぜかBanggoodでめちゃくちゃ安くなることがあるとお話をさせて頂いておりましたが、その時がきました。

スポンサーリンク

3A、各種急速充電企画に対応したUSB Tyep-Cケーブルが$5.49→$2.99とお買い得。

仕様はBanggoodからの転載で下記の通り。

ブランド:BlitzWolf®
モデル:Ampcore BW-TC5
プラグ:標準USB 2.0 A〜56kΩ標準抵抗USBタイプ-Cメス、ニッケルメッキリバーシブルコネクタヘッド
材質:ダブルカラー射出成形+ TPEカバー&ポリエステルファイバージャケット
ワイヤーコア:30 AWG(データ)+ 22 AWG(電源)
出力:3.6-12V、最大3A
データ同期速度:最大480Mbps
長さ:1m / 3.33ft
外径:4.0mm
カラー:レッド&グレー

高速充電:最大3A電流で3.6-12Vの高速充電をサポートし、Qualcomm QC2.0、QC3.0、MTK Pump Express Plusなどの高速充電技術と互換性があります。

Banggoodのプロモーション動画ではもっと他にアピールすることがあるだろうというレベルで強度をアピール。とにかく耐久力はありそうです。

こちらのType-Cケーブル以外に、MicroUSBケーブル、Lightningケーブルなどが安くなっています。当方はType-Cケーブル6本とC to Aの変換プラグを2セット買ってみました。プロモーションページではモバイルバッテリー等、日本へ配送していないものを含まれますが、それ以外であればJapan Air Directが選択でき、5~8日で到着するようです。

(リンクが違っており修正しました。失礼いたしました。)

BlitzWolf® AmpCore BW-TC5 3A USB Type-C Braided Charging Data Cable

$2.99 $5.49

Type-C以外の製品については下記プロモーションページから確認ください。

スポンサーリンク
ブログランキング参加中よろしければクリックください。

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ

<>新着情報
2017年11月17日
NEW! [20Lバックの情報も追加]Xiaomi 17L ラップトップバックパックが$28.99→$19.99の大幅値引き

2017年11月17日
NEW! [最安価格]Xiaomi Hybrid Earphones Pro、Xiaomi Mi IV Hybridの最安価格はクーポン適用でそれぞれ$11.99、$9.99

2017年11月17日
NEW! Gearbestクーポン情報 11/17 日本限定クーポンを網羅 本日分はイヤホンが多め

2017年11月17日
NEW! Leeco Le 2 X520が$113.99 SD652採用4G3G DSDSでプラスエリア化可能 公式LineageOSも有り

2017年11月17日
NEW! [11/17 18時開始限定100]KZ ZS5 4ドライバイヤホンが$17.99→$12.99で最安

2017年11月17日
NEW! Gearbestの住所入力方法 入力誤りが多いようなので今一度ご確認を

2017年11月17日
NEW! [更新 11/17 タダみたいな製品たち]国別クーポンで出ている$3以下の小物たち 公式サイトでは出ない情報

2017年11月16日
NEW! [更新 11/16]国別クーポンで出ている$5以上の製品たち 公式サイトでは出ない情報

2017年11月16日
NEW! [11/16 19時開始]KZ ZS6 4ドライバハイブリッドイヤホンが$28.99→$24.99で最安価格 限定100

2017年11月15日
[$323.99クーポン追記 11/15 19時開始]Xiaomi Mi Note 3 64GBと128GBそれぞれが$30offで$357.99、$380.69

2017年11月14日
[国別クーポン 限定50]Xiaomi Redmi Note 4X 3GB/32GB Blackがリセラー最安の$129.99 公式には出ない情報

2017年11月14日
超小型デジタルビデオレコーダーQuelima SQ12のプロモーションが開始 $13.99で購入可能 旧モデルはなんと$7.99

Leave a reply

各端末の最新クーポン価格はクーポンページを参照ください。メニューからアクセスが可能です。
プラスエリア化作業を実施する場合は必ずTWRP等カスタムリカバリを導入し、EFSのバックアップを取得してから実施ください。