Canbor Bluetooth イヤホンスポーツヘッドセットのレビュー

当方にとっては初のイヤフォンレビューです。Canbor Bluetoothイヤフォンを入手したので見ていきます。

スポンサーリンク

Canbor Bluetooth イヤホンスポーツヘッドセットについて

Canborは最近名前を聞くようになりましたが、電化製品やガジェットアクセサリについてはAmazonを通しブランド展開してるメーカーのようです。VRゴールド等のレビューで存在はしっていたのですが、bluetoothイヤフォンも扱いがあるようで、Bluetooth イヤホンスポーツヘッドセットを入手したのでレビューしてみたいと思います。

製品の特徴

以下はメーカがうたっている仕様および製品の特徴になりますが、BT4.1/APT-X/CVC6.0/IPX5とポイントは抑えた商品です。

  •  人間工学に基いたユニークなデザイン
  • Bluetooth 4.1CSRを搭載
  • APT-Xコーデックでステレオ高音質
  •  CVC6.0ノイズキャンセリング機能搭載
  • 同時に2台までの対応機器に接続可能
  • バッテリー最大8時間の連続使用
  • ハンズフリー通話
  •  防水等級IPX5を獲得、スポーツに最適
  • 30日間の返品フリーと1年間のメーカー保証
  • 安心出来るカスタマーサービス
  • 18gと軽量

製品外観

商品は無駄の無いシンプルな小さい黒いボックスでした。ブランドロゴとブラックのボックスはなかなか恰好がよく期待感が高まります。


外箱をスライドさせてボックスを開けるとまず、目につくのがイヤフォン本体。格子型に成形されたボディ部分が良いです。


付属品は替えのイヤーピース大小(中は製品に装着されています)、ケーブルオーガナイザ、microusbケーブル、マニュアルとシンプルな構成


コントロール部分は右耳ユニットに集約されており、中央ボタンが電源、左がマイナス、右がプラスという構成になっています。こちらのボタン中央の電源ボタンがほかのボタンより背が高く触った感じでどれが電源ボタンかわかるように設計されているため、押し間違いがなくよく考えられた製品になっています。そしてとにかく軽い。


そしてイヤーフック部分について当方普段から眼鏡をかけてすごしているので懸念していたところになりますが、耳の外側にフィットするように構成されており眼鏡のつるの部分と干渉しない為、付け心地も悪くなくよく出来ています。

充電用のmicrousbポートはコントロール部と同じ右ユニットにあり防水の為、キャップで保護されています。このキャップは爪が短いと若干外しずらいかもしれません。

ケーブル長は十分な長さになっており、かとってリスニングの邪魔になるような長さでもありません。フラットケーブルが採用されておりタッチノイズも気にならない。

付け心地

製品外観でも述べましたが、眼鏡をかけた状態でもイヤーフックが眼鏡と干渉しない為、付け心地も上々。本体がメーカー公称値18gというこもあり、長時間利用で耳が痛くなることもありませんでした。(ここは人によって耳の形も違うため別の印象を持つ方もいらっしゃるかもしれません。)またイヤーフックと本体の軽さもあり激しい運動をしても耳から外れるということがなく、スポーツにも最適かと思われます。またbluetoothのつながりも問題なく、当方の再生環境では良好な接続性でした。

再生時間と充電時間

メーカー公称値が再生8時間ということで実際利用してみましたが、大体7時間強といった感じで一般的なbluetoothイヤフォンと変わらないスペックかなという印象です。充電時間は2時間かからないくらいでしょうか。

音質

気になっていた音質はどちらかというと低音よりで中音~高音にかけてたのっぺりというかフラットな仕上がりになっています。低音は非常によく出ているのですが、高音があまり抜けてこない感じですね。普段から低音よりのダイナミックイヤフォンで音楽を聴いている方はにはそれなりにハマる音だと思われます。この価格帯での印象としては悪くない音の仕上がりになっていると感じました。

操作性

マニュアル(日本語)にも記載がありますが、非常にシンプルでわかりやすいです。また外観でも述べたコントロール部の一工夫で使いやすく出来ています。

  • 電源オフ時に電源3秒以上長押しでペアリングモード
  • 電源オフオンは電源ボタン3秒長押し
  • 着信時応答は電源ボタンをクリック
  • 着信オフは電源ボタンを2秒長押し
  • リダイヤルは電源ボタンを2回クリック
  • 音楽の再生停止は電源ボタンクリック
  • ボリュームは+-ボタンをクリック
  • 曲送り/前の曲は+-をそれぞれ2秒長押し

まとめ

価格から考えるとなかなか良い仕上がりにまとまっている製品です。音質については好みがわかれると思いますが、そもそも音質に過度な期待を寄せるユーザーはダイナミックのbluetoothイヤフォンは選択しないでしょうし、元気になってくれる低音は当方的には好印象。高音が抜けてくるともっと良いかなとは思いますが悪くない出来です。イヤーフックは人によって合う合わないがあるかもしれませんが、ランニングなどの運動で利用するにはかなり良い選択肢だと思います。

購入を検討されている方は以下からどうぞ、20%offクーポンが利用できるようです。

Canbor Bluetooth イヤホン ワイヤレスイヤホン スポーツヘッドセット

2879円 3599円

 

 

8.5 Total Score
Good!

価格帯を考えればハードのつくり、音の仕上がりともに満足がいく出来。低音よりのフラットな音質でスポーツの相棒としてはイヤーフックでのスタビリティもよく最適。

ハードウェア
9
接続性
9
バッテリー
8
音質
7.5
操作性
9
PROS
  • APT-X対応
  • 本体が軽い
  • 元気な低音
  • 操作性
  • イヤーフックが眼鏡と干渉しない
  • IPX5防水仕様
CONS
  • 高音の抜けはいまいち
User Rating: Be the first one!
スポンサーリンク
ブログランキング参加中よろしければクリックください。

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ

Leave a reply

9月のセール情報は利用可能な情報以外を整理しました。
各端末の最新クーポン価格はクーポンページを参照ください。メニューからアクセスが可能です。
プラスエリア化作業を実施する場合は必ずTWRP等カスタムリカバリを導入し、EFSのバックアップを取得してから実施ください。