mineoで新規申し込みキャンペーンが開始 amazonギフト券2000円プレゼントなど

ケイ・オプティコムのmineoで1月20日(金)より新キャンペーンが開始されました。本ブログを閲覧頂いている方にはDSDSで端末を運用している方、検討されている方もいらっしゃると思いますので是非ご活用ください。当方はデータプランsms付きを契約して利用しています。

スポンサーリンク

キャンペーン

デュアルタイプ新規申込みで3ヶ月基本使用料割引

期間・・・2017年1月20日(金)~2017年5月9日(火)
対象と特典・・・デュアルタイプ(電話・データ)新規申し込みで3ヶ月間基本使用料800円が割引

 

紹介キャンペーンでamazonギフト券2000円

従来1000円だった紹介キャンペーンが2000円に倍増。後述のエントリーパッケージを購入することで契約事務手数料3000円を節約しつつ、1000円のプラスになります。

期間・・・2017年1月20日(金)~2017年5月9日(火)
対象と特典・・・紹介用URLより申込。紹介元/紹介先にAmazonギフト券2000円プレゼント

紹介キャンペーンが必要な方は下記リンクを活用ください。

エントリーパッケージで事務手数料を節約

amazon等で販売しているmineoのエントリーパッケージを利用すれば契約事務手数料が3000円節約可能です。現在の価格はプライム対応で909円。安いです。

mineoの利点

当方がmineを契約した際にぐっと来たメリットを簡単にご紹介。

メリット

  • MNP乗り換えが自宅で可能
  • 3日間のパケット制限なし
  • フリータンク制度を使って1GBを無料で追加できる。(月1回)
  • パケットギフトを使って通信容量がシェアできる。家族間でのパケット行き来が可能
  • パケットの翌月繰越
  • 高速通信・低速通信がアプリから簡単に切り替え可能
  • バーストモードが利用可能

デメリット

  • 各種プランで3G以外は他のmvnoとくらべて少々高め

正直なところ回線が混む時間帯はやっぱりそれなりに遅くなりますが、コストパフォーマンス的に考えてmineoは素晴らしいmvnoだと思います。以上よろしければ是非。

 

 

 

スポンサーリンク
ブログランキング参加中よろしければクリックください。

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ

<>新着情報
2017年11月17日
NEW! [20Lバックの情報も追加]Xiaomi 17L ラップトップバックパックが$28.99→$19.99の大幅値引き

2017年11月17日
NEW! [最安価格]Xiaomi Hybrid Earphones Pro、Xiaomi Mi IV Hybridの最安価格はクーポン適用でそれぞれ$11.99、$9.99

2017年11月17日
NEW! Gearbestクーポン情報 11/17 日本限定クーポンを網羅 本日分はイヤホンが多め

2017年11月17日
NEW! Leeco Le 2 X520が$113.99 SD652採用4G3G DSDSでプラスエリア化可能 公式LineageOSも有り

2017年11月17日
NEW! [11/17 18時開始限定100]KZ ZS5 4ドライバイヤホンが$17.99→$12.99で最安

2017年11月17日
NEW! Gearbestの住所入力方法 入力誤りが多いようなので今一度ご確認を

2017年11月17日
NEW! [更新 11/17 タダみたいな製品たち]国別クーポンで出ている$3以下の小物たち 公式サイトでは出ない情報

2017年11月16日
NEW! [更新 11/16]国別クーポンで出ている$5以上の製品たち 公式サイトでは出ない情報

2017年11月16日
NEW! [11/16 19時開始]KZ ZS6 4ドライバハイブリッドイヤホンが$28.99→$24.99で最安価格 限定100

2017年11月15日
[$323.99クーポン追記 11/15 19時開始]Xiaomi Mi Note 3 64GBと128GBそれぞれが$30offで$357.99、$380.69

2017年11月14日
[国別クーポン 限定50]Xiaomi Redmi Note 4X 3GB/32GB Blackがリセラー最安の$129.99 公式には出ない情報

2017年11月14日
超小型デジタルビデオレコーダーQuelima SQ12のプロモーションが開始 $13.99で購入可能 旧モデルはなんと$7.99

Tags:

Leave a reply

各端末の最新クーポン価格はクーポンページを参照ください。メニューからアクセスが可能です。
プラスエリア化作業を実施する場合は必ずTWRP等カスタムリカバリを導入し、EFSのバックアップを取得してから実施ください。