Leeco le max2のプラスエリア化追試(無理でした)

※コメント欄でleecoファン様にやり方をご教示いただきました!折を見てエントリにまとめたいと思います。

スポンサーリンク

プラスエリア化等々検証が必要なle max2でしたが放置気味になっているので検証のベースとするためchina stable 20sを焼いて検証して行きたいと思います。

china stable 20s

リークされたromで21Sというビルドバージョンがありましたがどうやら現在公式でリリースされているromは20Sが安定バージョンのようです。メーカー公式からromを取得します。

TWRPから20Sを導入

ダウンロードしたromファイルを本体へ転送してTWRPから適用します。

  1. 本体の電源を切って、ボリュームアップキーを押しながら電源ボタンでリカバリを起動
  2. wipeからadvanced wipeを選択しdalvik cache、system、cache、Dataをwipe
  3. installから転送したromファイルを適用

インストール後はosが無いとのメッセージが出ますがそのままシステムをリブートして大丈夫です。なおリカバリはストックのリカバリに戻ります。初回起動時は時間がかかるのでしばし待ちましょう。

TWRPを導入、supersuを導入

ストックリカバリに戻った状態なので再度TWRPを導入します。TWRP公式のle max 2用バイナリからダウンロードしておきます。adbとfastbootのバイナリをインストールするこちらの様なソフトをインストールします。またsupersuもダウンロードしておきます。

  1. 本体の電源を切って、ボリュームダウンキーを押しながら電源ボタンでfastbootを起動
  2. adbとfastbootを展開したフォルダへ移動しfastboot flash recovery twrp-3.0.2-1-x2.img
  3. TWRPをボリュームアップキーを押しながら電源ボタンで起動しsupersuをインストールします。

google playを導入

初回セットアップを完了させle storeからgoogle playをインストールします。20Sもかなり多言語化が進み、日本語リソースも追加されていますね。

 

LeStoreをクリック

googleと検索すると谷歌商店が出てくるのでそれをインストール。インストールあとは正常にgoogle playが動作しないのでgoogleアカウントにログインが完了したら一度再起動します。

再起動後はnetwork signal guruをインストールし完了です。

プラスエリア化の検証

ちなみにEFSは14Sのデフォルトへリストアした状態で20Sを導入しています。プラスエリア化のエントリの通りCDMA toolからプラスエリア化の設定を実施しました。Network Signal Guruから検証していきます。sim設定のネットワークタイプを3Gに変更しておくと検証がしやすいです。というわけでWCDMAのバンドを5、6固定に変更します。ソフト起動→スリードット→band locking→WCDMAです。

※Network Signal Guruの使いかたについて別エントリを書いてみました。興味がある方はごらんください。

はい。つかみません(泣)

全くダメです。

電波は拾いますが接続ができません。ちなみに14Sにリストア後も同様の手順でテストを実施しましたが、プラスエリアを拾うことはできるものの接続ができないという結果でした。どなたかプラスエリア化を実施して、network signal guruからの検証もばっちりつながっているよという方はぜひご一報ください。当方は見た目のrf bc configの設定とband preferredの設定が入っていても接続できないのではというのが見解です。

備考

ちなみに*#*#4636#*#*からバンドの選択でband 6というものがありますが選択しないでください。WCDMAのband preferredがすべて消えます。どこぞのエントリではこれでプラスエリア化などとちょっとあれなやり取りをしているブログがありますがそんな事実はないと考えています。お気をつけてください。そもそもいろいろなブログエントリで書かれているJAPAN BANDを選択すればという考えは間違っており利用できるバンドを狭めてしまいます。

※以下の価格情報は古いです。最新クーポン価格はサイドバーを確認ください。モバイルの場合は投稿下部です。

購入先はGearBestが最安です。プラスエリア検証はうまくいきませんでしたが、日本語環境も利用でき非常にコストパフォーマンスに優れた端末です。良ければぜひ。

※最新クーポン価格はサイドバーを確認ください。モバイルの場合は投稿下部です。

・leeco le max2 20360円 クーポン: LeTVGBSE

改定後の価格でクーポンが発行されました。新クーポンは LETVES 価格は20898円です。

le max2向けCDLAイヤホンはGearBestから購入が可能です。

 

現状のおすすめromは以下の通りです。

  • LEMADMAX2(XDA)・・・20Sベースのcookedromで中国アプリのデブロートが完璧
  • Mokee・・・CM13ベースのカスタムrom。非常に安定しています。

 

スポンサーリンク
5 Comments
  1. Reply
    leecoファン 2017年1月21日 at 7:08 AM

    いつも楽しく拝見させていただいています。
    さて、件のプラスエリア化ですが私が確認した限りでは可能です。

    以下手順です
    1.stock14Sをインストール
    2.cdma toolでband6をwrite
    3.network siginal guruでband lockingをし接続を確認
    4.再起動で値が戻らないことを確認

    14Sで実施はされているようですが、ひょっとしてショップromに戻した14Sだったりしないでしょうか。

    検証のSSも参考までに。
    http://imgur.com/a/wDqOO

    • Reply
      gadgetfan 2017年1月21日 at 7:44 PM

      ほかのEUIでTWRPからフラッシュすると値がもとに戻ってプラスエリア化が消えますね・・・。なかなか難しいです。

    • Reply
      gadgetfan 2017年1月21日 at 8:44 AM

      おお!おっしゃる通りショップromに戻した状態でやってました!
      いただきました手順でstock14Sに戻して実施したところ無事プラスエリア化できました!
      ありがとうございます!

  2. Reply
    sH 2017年3月16日 at 6:24 AM

    現状プラスエリア化はstockS14でしか動作しなしないということですか?
    S14からCM13焼いても無理なんですね

    • Reply
      gadgetfan 2017年3月16日 at 7:10 AM

      sH様
      ご覧いただきありがとうございます。

      S14からCM13焼いても無理なんですね

      当方が確認した限りではS14のファームを焼いたあと、CM系に移行すると正しくディスプレイが表示できない(表示がくずれノイズが出でる)状況になったため、
      必ずS15以上にあげる必要がありました。この辺は当方の個体の問題である可能性もあるため、十分な検証が出来てはいませんが可能だと思われます。

Leave a reply

8/14(月)Oneplus 5 64GBに当サイト限定クーポンが出ています。トップページより確認ください。
各端末の最新クーポン価格はクーポンページを参照ください。メニューからアクセスが可能です。
プラスエリア化作業を実施する場合は必ずTWRP等カスタムリカバリを導入し、EFSのバックアップを取得してから実施ください。